第20回騒音障害防止研究会のお知らせ

会 場 第92回日本産業衛生学会(名古屋国際会議場)

第16会場(2号館3階 会議室231)

URL https://www.congre.co.jp/sanei92/index.html
日 時 2019年5月23日(木)13:30~15:00
パネルディスカッション リスクアセスメントに基づく騒音障害防止対策
概要 日本では、「騒音障害防止のためのガイドライン(平成4年
10月1日付基発第546号、以下、ガイドライン)」に基づき、
作業環境測定によるリスク評価と健康診断に基づく健康管理が
行われている。
ガイドライン制定から4半世紀以上、改訂なく経過している。
化学物質にみられるように、リスクアセスメントは、個人の
方向にシフトしてきているが、騒音については、作業環境と
いう「場」の管理だけを実施している。
海外では、聴力保護プログラム(Hearing Conservation
Program)というリスクマネジメントシステムを導入することの
推奨、個人のリスクアセスメントに曝露計を用いること、
雇い入れ時の聴力からどれだけ低下したかを表すStandard
Threshold Shiftの利用など、新しい聴力保護の考え方が
採用されている。
国内では、聴覚保護具(防音保護具)のJIS規格も改訂中であり、
現場の騒音に対して、より適切な保護具の選択が可能になる。
このような現状に対して、これから日本はどのような騒音障害
防止対策を実施していくのが好ましいのかを、歴史的な視点も
加えて、経験豊かなパネリストを迎えて議論する。
座長・パネリスト 座長:井上仁郎(産業医科大学 産業生態科学研究所 産業保健管理学)
演者:伊藤昭好(産業医科大学 産業保健学部 安全衛生マネジメント)、
佐々木直子(三菱ふそうトラック・バス株式会社)、
中原浩彦(JXTGエネルギー株式会社)、
和田哲郎(筑波大学 医学医療系耳鼻咽喉科)、
【指定発言】近藤充輔(近藤労働衛生コンサルタント事務所)

第19回騒音障害防止研究会(無事終了いたしました)

 

会 場 ハロー貸会議室新橋 G会議室

〒105-0004 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル8階 802

URL http://www.hello-mr.net/detail/?obj=90
日 時 2018年9月14日(金)15:00~17:00
参加者 21名
一般口演 座長 井上仁郎(産業医科大学 産業生態科学研究所 産業保健管理学)

1. 日本国内の事業場における騒音障害防止対策の実態についての研究
永野 千景、井上 仁郎、堀江 正知
産業医科大学 産業生態科学研究所 産業保健管理学

2. 等価騒音レベルの測定方法として個人曝露測定を用いた事例の報告
佐々木 直子1、井上 仁郎2、堀江 正知2
1. 三菱ふそうトラック・バス株式会社
2. 産業医科大学 産業生態科学研究所 産業保健管理学

3. オクターブ法、HML法、SNR法を適用した実際の騒音現場における
計算の差について
井上仁郎
産業医科大学 産業生態科学研究所 産業保健管理学

4. 騒音性難聴防止のための取り組みー耳鼻咽喉科医の立場からー
原田 竜彦
国際医療福祉大学医学部・同熱海病院耳鼻咽喉科

 

【世話人会のお知らせ】

日 時:2018年9月14日(金)14:00~15:00

会 場:ハロー貸会議室新橋 G会議室(研究会と同じ場所です)